西武・誠が〝原点回帰〟の改名、「誠」→「相内」 50万円ダウンの550万円でサイン

西日本スポーツ

 来季6年目の西武・誠投手(23)=相内誠=が4日、来季から登録名を「相内」に変更することを明らかにした。

 誠は1年目の2013年は「相内」で登録。14年から、かねて希望していた「誠」に変更しており、今回で2度目となる。

 理由について「『誠』で結果が出なかったこともある。過去に名前を戻して、うまくいった例もあると聞いたし。周囲から『相内』もいいと思う、と言われたこともある」と説明した。

 今季は1軍で5試合の登板に終わり、0勝1敗で防御率は19・50。ファームでは抑え役に挑戦するなどした。「中継ぎを経験したことは大きかった。先発でも中継ぎでも、まずは1軍に定着したい」と、心機一転意欲を語った。

 この日は埼玉県所沢市のメットライフドーム内で契約更改交渉に臨み、50万円ダウンの550万円でサインした(金額は推定)。

=2017/12/04 西日本スポーツ=

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ