妻帯選手が不適切行為 西武球団は本人に厳重注意

西日本スポーツ

 西武は8日、所属選手が未婚の一般女性に対し、1月に不適切な行為を1度行ったと発表した。選手は妻帯者。鈴木球団本部長は具体的な内容を明かさず「犯罪性はない」との理由で、選手名の公表を控えた。

 球団によると、12月上旬に匿名でのメールがあり、本人に確認したところ、事実と認めたために発表したという。当該選手に厳重注意した上で、他の選手に対しても注意喚起し、再発防止に取り組む方針。鈴木球団本部長は「球団として厳しく注意した。本人も猛省している」と説明した。

=2017/12/09付 西日本スポーツ=

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ