ソフトB上林、90キロボディー完成へ 仕上げはハワイのステーキ!?

西日本スポーツ

 ハワイで完成、90キロボディー! 上林誠知外野手(22)が11日、優勝旅行の地、ハワイで体重90キロの目標達成に意欲を見せた。シーズン中に83キロまで落ちた体重は、トレーニングで88キロまで増量。オフのノルマ達成が目前に迫っている。オアフ滞在中はステーキを中心にタンパク質を摂取しながら、トレーニングも継続。キャディーバッグの中にバットを忍ばせ、ランニングシューズも持参した。初めての優勝旅行は家族孝行する一方、来季を戦い抜く土台づくりも怠らない。

■現在88キロまで増量

 南の島でのバカンスよりも、上林をワクワクさせるものがある。初めてのハワイにも、予習は一切していない。「きれいな海が見られさえすればいい」。透き通る海やショッピングモールよりも、自らの体の変化に心を躍らせる。

 「ステーキを食べたら90キロ、いきますね。ハワイでいっちゃいますね」

 シーズン中に83キロまで落ち込んだ体重は、このオフすでに88キロまで増量に成功。体重減少とともに調子を崩してしまった今季夏場以降の“失敗”を繰り返さないため、目標に掲げた90キロは目前に迫っている。

 日本一になった今オフは、イベント出演などで全国を飛び回る。「日本一になったからこそ。日本一でなければ何もないから」と充実感を味わいながら、時間を見つけては体をいじめ、来季の準備も怠らない。優勝旅行出発前、11日もヤフオクドームを訪れ、約1時間半のトレーニングで汗を流した。

 初めての優勝旅行には、両親と兄とともに、孫の活躍で一躍町の有名人になったという、父方の祖母を岩手から招待。家族サービスに加え、旅行中には球団主催のゴルフコンペ参加も予定されている。そのためにキャディーバッグを持ち込んだが、その中には、しっかりバットも忍ばせた。

 「1週間丸々、何もやらないわけにはいかない。僕は休みはいらないし、家族が楽しんでくれればいい」

■使用するジム確保

 滞在先では、既にホテル内やホテルから徒歩10分の距離にジムを確保。家族が外出して不在となった朝や夜にトレーニングする計画を立てている。リゾート地とはいえ、時間を見つけてバットを握るつもりだ。常夏の島でも汗を流し、仕上げにたらふくステーキにかぶりつけば、目標の90キロボディーが完成する。 (鎌田真一郎)

=2017/12/12付 西日本スポーツ=

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ