ソフトB岩崎2年連続タイトル誓う 豊前市で自主トレ&市役所訪問

西日本スポーツ

来シーズンの活躍を誓う岩崎(左) 拡大

来シーズンの活躍を誓う岩崎(左)

 今季最優秀中継ぎの初タイトルに輝いた岩崎翔投手(28)が12日、福岡県豊前市の同市役所を訪れ、連続日本一が懸かる来季の活躍を誓った。岩崎は毎年12月の約2週間、同市で自主トレを行っており、春季キャンプに向けた年明けからの本格トレーニングに移行するための大事な準備期間として位置付けている。今年も12日から25日まで求菩提山の登山道などを走り込むほか、市民体育館で筋力トレーニングなどを行う。

 後藤元秀市長から「優勝おめでとう。豊前には温泉やおいしい食べ物がある。連覇を目指してしっかりと鍛えてください」と激励された岩崎は決意を新たにした様子。「(最優秀中継ぎ投手の)タイトルを2年連続で取り、チームの連覇を目指す」と力強い口調で誓った。また、岩崎は青少年のスポーツ振興に役立ててもらおうと、15万円の目録を後藤市長に手渡した。 (武井良範)

=2017/12/13付 西日本スポーツ=

PR

PR

注目のテーマ