ソフトB石川が球団史上最高500%増だZ “和田超え”ももいろオフ

西日本スポーツ

 球団史上最高アップ率だZ! 福岡ソフトバンクの石川柊太投手(25)が18日、ヤフオクドーム内で契約更改交渉に臨み、球団史上最高の500%アップで更改した。今季の500万円から6倍の2500万円増となる年俸3000万円でサイン。福岡ダイエー時代の2003年オフの和田(1500万円から433%増の8000万円)を上回る歴史的なアップ率を勝ち取った。使い道は、奨学金の一括返済と大好きなももクロのDVDの大人買い。育成出身右腕がビッグな夢をかなえた。 (金額は推定)

■飛躍の4年目

 育成からはい上がった雑草右腕が球団の歴史を塗り替えた。ハワイV旅行から帰国翌日。交渉を終えた石川がちょっぴり日焼けした表情で記者会見の席に着いた。「3000万円です。1年間やってきたことをしっかり評価してもらえた」。年俸500万円から球団史上最高となる500%のアップ率を勝ち取った。

 大幅アップにふさわしい飛躍の年だった。4年目で初の開幕1軍をつかみ、敗戦処理から成り上がった。5月31日の中日戦でプロ初先発初勝利を飾り、先発ローテの一角を担った。「1年間戦う厳しさや大変さを感じた」。ポストシーズンに向けては中継ぎに再転換され、日本シリーズでは4試合で2勝を挙げた。

 アップ率は13年オフの千賀(408%)を超え、03年オフの和田(433%)も上回った。ただ今季の年俸が低かったことも記録の背景にある。「1000万から6倍ならすごいですけど。元が高かったら、もっと上がっている。(千賀は)億を超えるレベル。そこに追い付いていかないといけない」。今や先発陣の軸となった同じ育成出身右腕を目標に挙げた。

 昇給分の使い道も育成出身ならでは。「まずは親孝行できたらいい。奨学金の返済も本格的にやっていこうと思う」。創価大時代に奨学金を利用した。ホークス入団時も支配下選手のような高額な契約金は得られず、支度金300万円のみ。プロ入り後も毎月1万2000円を返済していた。「50歳ぐらいまで払い続ける予定だったけど一括で返したい」。400万円を超える残金を清算。ささやかな自分へのご褒美として、愛するももいろクローバーZのDVDを“大人買い”する。「保存用と観賞用に買おうと思う。ブルーレイと(通常の)DVDにしようかな」。満面に笑みを浮かべた。

■来季は“貯金”

 バラ色ならぬ“桃色”のオフもV旅行で一区切り。工藤監督からは「9回まで150キロを投げられないと駄目」と、さらなる成長を求められた。「どんな立場でも全力を尽くすのがモットー。先発なら2桁、中継ぎだったら50試合を目標にする。今年みたいにまた一からアピールしていく」と宣言。奨学金を完済し、来季は貯金を積み重ねる。 (小畑大悟)

◆2000年以降のホークス選手の年俸大幅増

 ソフトバンクでは2013年オフに千賀が650万円から408%アップの3300万円で更改したのが過去最高の昇給率。同年の千賀は150キロ超の真っすぐとフォークボールを武器に中継ぎの柱として大ブレーク。51試合に登板して17ホールドを挙げた。

 10年オフには、強力中継ぎ陣「SBM48」の一角として65試合に登板し、リーグ優勝に貢献した甲藤が、900万円から400%アップの4500万円で更改。今季初の規定打席に到達した上林は、800万円から338%アップの3500万円でサイン。09年オフ、摂津は70試合に登板、39ホールドポイントを挙げて新人王と最優秀中継ぎ投手を受賞。1200万円から317%アップの5000万円で更改した。

 ダイエー時代には、03年に14勝で新人王を獲得した和田が、1500万円から433%増の8000万円で更改した。

=2017/12/19付 西日本スポーツ=

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ