元ホークス佐々木誠氏高校監督へ 鹿児島城西に就任

西日本スポーツ

 ダイエーや西武などでプレーし、今季はソフトバンク3軍監督を務めた佐々木誠氏(52)が、鹿児島城西高の野球部監督に就任する。来年1月から指揮を執る見通しだ。同校は今夏選手権の鹿児島大会は準々決勝で敗れ、今秋は初戦の2回戦で敗退。新監督の下で春夏通じて初の甲子園出場を目指す。

 佐々木氏は岡山・水島工高から1984年にドラフト6位で南海に入団。走攻守そろった外野手として活躍し、ダイエー時代の92年には首位打者と盗塁王を獲得。外野手のベストナインを6度、ゴールデングラブ賞を4度受賞した。現役最終年となった2001年は米・独立リーグでプレーした。

 現役引退後はダイエーやオリックスのコーチを歴任し、社会人野球のセガサミーとNTT西日本では監督も務めた。14年にソフトバンク3軍の打撃コーチに就任し、今季は同監督としてチームを率いた。

=2017/12/22付 西日本スポーツ=

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ