新田がシリーズ優勝戦1号艇 グランプリ 【住之江】

西日本スポーツ

 住之江ボート(大阪市)のSG第32回グランプリは最終日の24日、1億円決戦の最終12Rグランプリ優勝戦に先立ち、11Rでは1600万円を懸けたグランプリシリーズ優勝戦が争われる。オール3連対で予選トップ通過だった新田雄史が、準優も1着通過。優勝戦1枠を手にして、SG初V(2013年5月オールスター)以来の戴冠に王手をかけた。地元SG制覇へ燃える田中信一郎と湯川浩司、進入から闘志満々のダービー王・深川真二ら強力なライバルたちがさまざまな攻勢に出ても、新田が絶好枠のプライドで全て受けて立つ。

=2017/12/24付 西日本スポーツ=

PR

ボートレース アクセスランキング

PR

注目のテーマ