ソフトB岩崎ら5人熱血指導 福岡県豊前市で野球教室

西日本スポーツ

 福岡ソフトバンクの選手らを招いた野球教室が25日、福岡県豊前市の市民球場であり、地元の小中学生ら約110人がバッティングやキャッチボール、守備の指導を受けた。地元の有志で構成する「豊前スポーツ活性化推進委員会」(上田大作会長)の主催で17回目。

 野球教室には、同日まで市内で自主トレーニングに取り組んだ岩崎や城所、嘉弥真ら5人が参加した。小中学生が投げたり、打ったりする姿を見ながら改善点をアドバイス。「必要とされるところでチームの連覇に貢献したい」という城所は打撃を指導。「インパクトの際には脇を締めて」と声を掛けていた。

 指導を受けた宇島小6年で少年野球チーム「豊前ウイングス」の石橋叶羽主将は「アドバイスを受け、スムーズに振れるようになった。将来はプロ野球選手になりたい」と笑顔を見せた。 (武井良範)

=2017/12/26付 西日本スポーツ=

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ