V奪還イヤー球団仕事納め

西日本スポーツ

 2年ぶりの日本一に輝いた福岡ソフトバンクが26日、年内の契約更改交渉を終え、仕事納めとなった。ここまでアップは24人、現状維持が18人、ダウンは12人。日本選手の来季の1億円プレーヤーは14人となり、2005年の巨人(外国人扱いではなかったローズを含む)に並ぶ歴代最多タイの「暖冬」ぶりだ。未更改の川崎と川島の越年も決まった。三笠球団統括本部統括本部長は「1軍で活躍してくれた若い選手が多かったのが(近年で日本一となった)14、15年と異なるところ。世代交代も進んでいる。来年の日本一に向けて、いい契約更改ができたと思う」と総括した。

=2017/12/27付 西日本スポーツ=

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ