「11球団が打倒ホークス」 包囲網突破せよ 王会長、仕事始め式で大号令

西日本スポーツ

福岡ソフトバンクホークスの仕事始め式で鏡開きが行われ、乾杯する王貞治球団会長 拡大

福岡ソフトバンクホークスの仕事始め式で鏡開きが行われ、乾杯する王貞治球団会長

 「ホークス包囲網」を突破せよ! 王貞治球団会長(77)が5日、連続日本一を厳命した。ヤフオクドームで行われた仕事始め式に出席。後藤芳光球団社長兼オーナー代行(54)らと木製バットを手に酒だるを抜き1年の始まりを祝った。昨年は歴代5位のシーズン94勝を挙げ日本一にも返り咲き。今季はセ・パ11球団が「打倒タカ」に闘志を燃やすことを覚悟し、それをぶち破って再び頂点に立つことをチームに求めた。

 V9時代の常勝巨人を主軸として支えてきた王会長だからこそ、その難しさを理解している。新年恒例のヤフオクドームでの鏡開き。昨年の日本一奪回もあり、会場はお祝いムードに包まれたが、王会長だけは連覇へ向けて年明け早々に強く手綱を締めた。

 「昨年と同じ戦いというのは絶対にあり得ない。経験したことのないような大きな壁が立ちはだかる。その壁を、どういうふうにして突き破るか。(パ・リーグの)5球団だけでなく11球団が(打倒)ホークスで来る。優勝チームがゆえ、より心を引き締めて戦っていかなければ」

 鼻息荒く「横綱」を倒しにかかってくる相手を、強い気持ちではね返す。昨季は夏場まで楽天との激しいマッチレースを繰り広げたが、最終的には歴代5位となる94勝でリーグV。クライマックスシリーズ、日本シリーズでも勢いに乗ってきた相手を寄り切り頂点に立った。セ相手の交流戦でも3年連続、12球団最多となる7度目の最高勝率。1年を通して「地力の差」を球界全体に見せつけた。

 この日も王会長とともに鏡開きを行った後藤球団社長が「チームの戦力は本当に充実した状態」と自慢げに話したように、現在のホークスは球史に残ると言っても過言ではないほど圧倒的な強さを誇っている。だからこそ、王会長はチーム全体に油断が生まれないよう、他球団が「打倒」で来る中での連覇の難しさをこれでもかと強調した。

 「(連続日本一は)大変な大変な難事業だと思う。だからこそやりがいがある。選手たちは本当によくやってくれている。われわれと一緒にチーム一体となって、富士山ではありませんが、絶対あの頂に、一番先頭に登るんだという気持ちで戦っていく」。力強いまなざしと野太い声での号令に、最強軍団はきっちりと応える。 (倉成孝史)

=2018/01/06付 西日本スポーツ=