J1鳥栖フィッカデンティ監督、新体制に満足

西日本スポーツ

 鳥栖で3年目の指揮を執るフィッカデンティ監督は「主力が入れ替わった過去2年と違い、主力のほとんどが残ってくれた。(昨季から)継続性を持って今季に入れる。戦えるチームになって、長続きさせる土台をつくれる」とうなずく。

 昨季は勝ち点47で8位だったが、ホームで勝ち点34を稼いだ一方、わずか2勝に終わったアウェーでは13。「本来得られるべきものを自ら失った。個々のメンタル面など改善の余地がある」と指揮官は課題を挙げる。

 今季のクラブのスローガンは「頂(いただき)」。主将に就いたDF吉田は「勝ち点3を毎試合頂き、最初は優勝を頂く」とサポーターに宣言。きょう15日から沖縄で3週間の日程でキャンプに入る。

=2018/01/15付 西日本スポーツ=

PR

PR

注目のテーマ