元ソフトB斉藤和氏らと夢の時間 久留米市・養護施設で野球教室

西日本スポーツ

 福岡ソフトバンクの元エースで本紙評論家の斉藤和巳氏、福岡ダイエー(現ソフトバンク)時代に最多勝を獲得するなど先発ローテーションを支えた武田一浩氏、巨人などで救援投手として活躍した香月良太氏、弟で元ロッテ投手の香月良仁氏が14日、福岡県久留米市の養護施設「久留米天使園」で野球教室を開催した。同市内などの五つの施設から約50人の子どもたちが参加。斉藤氏らとキャッチボールや守備練習などで交流した。

 斉藤氏は「相手のことを考えて捕りやすいボールを投げることが大事」と武田氏とともにキャッチボールの基本を伝えた。兄弟で参加した香月氏は同市出身。ノックをしながらグラブの使い方などを指導した。

 同園の中島俊則施設長(65)は「卒園生の尽力で今回の野球教室が実現した。夢のような時間。子どもたちにとっていい思い出ができた」と感謝していた。

=2018/01/15付 西日本スポーツ=

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ