西武・秋山&浅村 稲葉J初招集へ

西日本スポーツ

 西武の秋山翔吾外野手(29)と浅村栄斗内野手(27)が、3月にオーストラリアとの強化試合に臨む侍ジャパンのメンバーに選出される見込みとなったことが21日、分かった。秋山は昨年3月のWBC以来、浅村は2013年秋の台湾遠征以来の日本代表入りで、正式に決まればいずれも稲葉監督の下では初めて日の丸を背負うことになる。

 侍ジャパンでは13年秋以来のチームメートとなることが有力となった2人はこの日、埼玉県所沢市でトークショーに参加。主将2年目を迎える浅村が「2人で引っ張りたい。お互いがいいシーズンを送れたら優勝が見える。自分が打点王、秋山さんが首位打者を取れたら」と5年ぶりの打点王を視野に入れれば、昨季は初の首位打者と2度目の最多安打のタイトルを獲得した秋山も「自分たちのプレーや言動がチームに影響を与える立場になった。話し合って(いい方向にもって)いけたら」と呼応した。

 西武では同じ11年にレギュラー定着。互いに高め合ってきた2人は約800人のファンの前で08年を最後に優勝から遠ざかるレオをけん引することを誓った。日本を代表する選手に成長したコンビが、10年ぶりの頂点への原動力となる。

=2018/01/22付 西日本スポーツ=

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ