ソフトB工藤監督、小学校で「夢の課外授業」 予定時間をオーバーして触れ合い

西日本スポーツ

 工藤監督は22日、福岡市西区の城原小学校であった「夢の課外授業」(福岡市教育委員会主催、二十一世紀倶楽部連携)の講師役を務めた。高学年の220人を相手にした質問コーナーでは、自身の若手時代などを引き合いに諦めないことの大切さを語り、その後は低学年も含めた計427人を前に投球などの実技指導。「子供たちはキラキラと輝いているなと思いました」。最後は児童全員とハイタッチするなど、予定の時間をオーバーして触れ合いを楽しんだ。

=2018/01/23付 西日本スポーツ=

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ