ソフトB福田 12年目の社会貢献 車椅子寄付を計画

西日本スポーツ

 12年目の福田が社会貢献活動をスタートさせる。自身の出場試合数や盗塁数などに応じて、車椅子を寄付するプランを披露。「ずっとやりたかったんですが、一人ではなかなかできなくて。協力してくださる方がいるので、お願いできました」。2008年に亡くなった父・徹さんが生前、病気のため左脚を一部切断して車椅子生活を送っていたことがきっかけだという。27日は福岡市内で後援会主催の壮行会に出席した。

=2018/01/28付 西日本スポーツ=

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ