J2福岡新ユニホーム披露 感謝の集い 勝利への情熱表現

西日本スポーツ

新ユニホームを披露したJ2福岡の石津(左)=ホーム用=と城後(右)=アウェー用 拡大

新ユニホームを披露したJ2福岡の石津(左)=ホーム用=と城後(右)=アウェー用

 J2アビスパ福岡は30日、福岡市内で「新年感謝の集い」を開き、スポンサーやサポーターら約1500人の前で今季のユニホームをお披露目した。ホーム用ユニホームは、湧き上がる勝利への情熱を縦ラインのグラデーションで表現。白色をベースにしたアウェー用はチーム、地域、サポーター、ステークホルダー(スポンサーなど)が一体となって戦う意を4本の縦のラインで表した。

 胸スポンサーは「福岡地所」、背中に「新日本製薬」、袖に「ふくや」、裾に「ピエトロ」、パンツに「ビケンテクノ」、今季からJリーグで認められた鎖骨部分には「博多グリーンホテル」のロゴが入った。モデルとなった石津は「気に入っている」と、新ユニホームでの活躍を誓った。

 チームを代表してあいさつした鈴木は「J2のチャンピオンになってJ1に昇格することは大きなクラブになるためにチャレンジすべき目標」と言い切った。 (向吉三郎)

=2018/01/31付 西日本スポーツ=