初日DR戦は今村が完勝 開設記念 【徳山】

西日本スポーツ

 徳山ボートのG1開設64周年記念「徳山クラウン争奪戦」は30日、開幕した。ダブルドリームの第1弾、初日メイン12Rの「クラウンドリーム」は、今村豊が人気に応えて完勝。2着にも寺田祥が入り、地元ワンツーを決めた。両者とも、機力の大幅な上積みに成功して、前検の不安を払拭(ふっしょく)。このままシリーズをリードしそう。2日目メインの「すなっちドリーム」は“王者”松井繁が主役だが、初日は(6)(5)と最悪のスタートになっただけに、ここが正念場だ。なお、2日目ドリームに出場予定だった井口佳典は病気のため、初日後半の7Rを欠場して帰郷した。

=2018/01/31付 西日本スポーツ=

PR

ボートレース アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング