ソフトB東浜、実戦想定も交え今春2番目155球

西日本スポーツ

 東浜が実戦モードにシフトした。15日のシート打撃登板を控えブルペン入り。「100球を超えた後は走者、カウントを想定しようと思っていた」と、捕手がサインを出し、高村投手コーチが左右両打席に立った。球数は今春自身2番目の155球。「いろんな想定で投げられたし内容は濃かった」。一方で全球種を投げた変化球の精度については「まだバラバラ。これからですね」と口にした。

=2018/02/14付 西日本スポーツ=

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ