準優1枠は前本、川崎、山口剛 中国地区選 【児島】

西日本スポーツ

 児島ボートのG1「第61回中国地区選手権」は4日間の予選を終了。20日は、ベスト6入りを懸けて準優3番が争われる。53回覇者の前本泰和が予選トップ通過。2位の川崎智幸、3位の山口剛までが準優の好枠を獲得した。最終ボーダーは5・33まで下降。18位タイで寺田千恵、平尾崇典、柏野幸二の3人が並んだが、上位着順で寺田千が滑り込んだ。前日の下位からは大峯豊、村松修二、西野翔太、寺田千が勝負駆けに成功。1枠で勝負に挑んだ小林一樹はコンマ05の勇み足で即日帰郷に。

=2018/02/20付 西日本スポーツ=

PR

ボートレース アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング