ソフトB和田ワクチン寄付50万本突破 NPO法人から感謝状

西日本スポーツ

ワクチン支援活動への感謝状を手に写真に納まる和田(左) 拡大

ワクチン支援活動への感謝状を手に写真に納まる和田(左)

 自身の投球数や勝利数などに応じてワクチンを寄付する活動を続けている和田毅投手が、キャンプ地の宮崎でNPO法人「世界の子どもにワクチンを 日本委員会」から感謝状と記念品を贈られた。2005年にスタートし、米国でプレー中の中断時期を挟み日本復帰した16年から再開。17年は5万2220本(352万円分相当)を寄付した。これまでの累計本数が50万本を突破し「少なくとも50万人に届いたと思うとうれしい」と決意を新たにした。

 現在左肩違和感の影響で7日を最後にブルペンでの投球を見送っているが、回復は順調な様子。きょう21日に37歳の誕生日を迎える左腕は「ブルペンは今は我慢。肩はいいけどフォームもあまりよくないので」と先を見据えた。

=2018/02/21付 西日本スポーツ=

PR

PR

注目のテーマ