ソフトB本多が5年ぶり本拠弾 逆方向初「今までにない手応え」

西日本スポーツ

4回、ソロを放ちナインに祝福される本多 拡大

4回、ソロを放ちナインに祝福される本多

 ◆オープン戦 ソフトバンク1-3西武(6日・ヤフオクドーム)

 二塁のレギュラーを争う13年目の本多が本拠地では初の逆方向弾を放った。4回にカスティーヨの初球、高めのストレートを左翼テラス席へ。本塁打は2016年以来で、本拠地では13年以来。逆方向は10年に東京ドームで打って以来だ。

 「今までにない手応え。1打席目(左飛)から修正して、振り抜こうと」。食事制限も緩和してオフから筋量アップに取り組んでおり「誰か(松田)が『最強ボディー』とか言ってましたけど(笑)…昨年とは違うどっしり感」と言う。

 途中出場の高田も8回に二塁打。今春のオープン戦は3試合消化時点で川島、西田も含め、二塁の候補全員が長打を放って競い合う状況だ。本多は「自分もしっかり結果を残して、明日もやるべきことをやっていく」と気合を入れ直した。

=2018/03/07付 西日本スポーツ=