ソフトB笠谷が初の開幕1軍へ猛アピール 7回2死登板で満塁斬り 8回お見事3連続K

西日本スポーツ

 ◆オープン戦 ソフトバンク1-3西武(6日・ヤフオクドーム)

 満点投球だった。7回2死満塁の大ピンチで、4年目の笠谷に出番が巡ってきた。2年目の古谷から引き継いだマウンド。「古谷が泣きそうな顔をしていたので頑張ろうと思った」。鈴木へ投じた5球はオール直球勝負。力で押し込み、左邪飛で切り抜けた。

 圧巻は続く8回だ。山川をチェンジアップで3球三振に打ち取ると、森はスライダーで空振り三振。「抑える気持ちを出せた」。永江には切れのある140キロ直球を外角低めに決め、バットに空を切らせた。いずれも違うウイニングショットで3者連続三振だ。

 若手の投手陣が制球に苦しむ中で、ひときわ光を放ったが、満足はしていない。「直球はコースに投げられたけど、球速はまだ出ていない。左(の森)にチェンジアップを投げられたのはよかったですけど」。収穫は投球の幅を広げる挑戦ができたことだという。

 昨季は1軍デビューも果たした左腕が「こつ」をつかんだ試合がある。昨年7月28日のウエスタン・リーグ広島戦だ。「全く打たれる気がしなかった。あそこが僕のターニングポイント」。4番手で登板して2回を無失点。予感通りに3連続を含む5三振を奪った。

 笠谷が気付いた「こつ」とは、腕に力を入れずに下半身で投げる感覚。昨年から続ける和田との合同自主トレで学んだ、下半身から連動する投球フォームがはまる感覚を手にした瞬間だった。今春の宮崎キャンプでも切れのある直球を投げ込み、他球団スコアラーの警戒感を募らせていた。

 サファテ、岩崎、モイネロら勝ちパターンの救援陣が固まっている一方で、腰痛の五十嵐、右膝痛の寺原とベテラン陣は課題を抱えており、若手救援陣の台頭が待たれている。笠谷の快投は、初の開幕1軍に向けて大きなアピールになったことは確かだ。 (鎌田真一郎)

=2018/03/07付 西日本スポーツ=

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ