ソフトB加治屋が収穫&反省の14球

西日本スポーツ

 ◆オープン戦 ソフトバンク1-3西武(6日・ヤフオクドーム)

 中継ぎの一角を争う加治屋がオープン戦を無失点で滑り出した。1点ビハインドの5回に登板。先頭の森に左前打された後、2死から暴投でピンチを招いたが外崎を三ゴロに仕留めた。森にボールが先行した内容を反省しつつ「去年と違って自信を持って投げられた」と収穫の14球。ただ暴投の場面で、引っ掛けたフォークを止めにいった捕手堀内が親指負傷で交代とあって「謝りました。捕手陣がこういう状況で…」とことさらバツが悪そうだった。

=2018/03/07付 西日本スポーツ=

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ