ソフトB武田、初回2被弾 6回3失点、制球課題

西日本スポーツ

1回1死二塁、ヤクルト・山田哲に先制2ランを浴びた武田 拡大

1回1死二塁、ヤクルト・山田哲に先制2ランを浴びた武田

 ◆オープン戦 ヤクルト7-6ソフトバンク(18日・神宮)

 開幕ローテーション入りが内定している武田が立ち上がりに乱れた。初回1死二塁。3番山田哲にバックスクリーン直撃の特大先制2ランを浴びると、4番バレンティンにも右中間席へのソロを許した。2回以降は踏ん張り、6回3失点とまとめたが、本人も不満を隠せない。「初回は不用意にいきすぎ、全体的に球が浮いていた。制球の部分で課題が残る」と首を振った。

=2018/03/19付 西日本スポーツ=