今村、白井が初白星 ボート王国九州山口!

西日本スポーツ

 ようやく初勝利だ。山口勢は2日目まで4人全員がオール3連対ながら意外にも白星なし。3日目になって、御大・今村豊が6Rを制して支部初白星。8Rは弟子の白井英治も白星で、一気にペースを上げた。

 今村はゼロ台のトップSから絶妙のまくり差し。他支部の後輩までもが「さすがです。勉強になります」と最敬礼したほどで、技の切れは相変わらず。機力に関しては「実績機なのに伸びが人並み。伸びてくれたら、自分のSを決めればもっと出るはずなんだが…」と物足りなさは否めないが、その“自分のS”が連発できているのは何よりの強み。得点率は4位タイ。準優好枠を懸けて、4日目もスリットから攻める。

 白井は2日目に急きょ、新ペラへの交換を強いられたが完璧に対応。3日目はさらに上積みし、「交換前の感触に近づいている」。得点率は今村を上回る3位。しかも4日目は1枠1回走りで、上をいく2人との枠番関係を考えればトップ通過が相当に有望。「あとは目立たずに走るだけだね」。そんなジョークは誰も許してくれそうにない状況だ。山口勢は寺田祥も1枠を残して9位と、同じく上位通過の期待が大きい。

 そんな山口勢を抑えてトップタイに立つのが瓜生正義。「まあ、外枠を残していますからね」と現在の順位に興味はないが、「(スーパーエース機の)岡崎以外と比べれば足は優勢。上位」という抜群の機力があれば、枠番も克服できる。現在A2のため、今年前半はSGの出場権はもうないが、「今節優勝ならオールスターに出場できますからね」。さらにそこでもVならグラチャンの出場権。瓜生の力量なら、そんな夢物語を本当に見せてくれるかもしれない。 (深堀)

=2018/03/19付 西日本スポーツ=

PR

ボートレース アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング