ソフトB内川2戦連発も慢心なし

西日本スポーツ

 ◆オープン戦 ソフトバンク3-4中日(21日・ヤフオクドーム)

 内川は2試合連発にも満足していなかった。2打席凡退で迎えた6回。高めに抜けた鈴木翔の142キロ真っすぐを捉えると、打球は高く舞い上がったまま左翼テラス席へ着弾した。「意図した打撃ではなかった。球がバットに引っ掛かった感じ。それが(スタンドまで)届いた感じかな」。試合後は居残り特打を敢行。工藤監督が打撃投手を務める中、173スイングで8連発を含む57本のオーバーフェンスを放つなど大粒の汗を流していた。

=2018/03/22付 西日本スポーツ=

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ