ソフトB柳田、「タフィ・ローズ打法」でOP戦ラスト3連戦臨む

西日本スポーツ

打撃練習に取り組む柳田 拡大

打撃練習に取り組む柳田

 柳田が「タフィ・ローズ打法」でオープン戦のラスト3連戦に臨む。21日からバットを捕手方向に寝かせ、小刻みに揺らしてタイミングを取る打法を導入。「手が(体から)遠くにあるからバットが出やすい」といい、トリプルスリーを達成した2015年も一時的に取り入れた。オープン戦は打率3割3分3厘も本塁打は出ていないが「形は悪くないので、大丈夫です」。近鉄や巨人などで活躍し、NPB通算464発を放った助っ人にあやかる。

=2018/03/23付 西日本スポーツ=