ノムさんが王さん記念館でボヤきまくり ソフトB工藤監督にも口撃 ホークス80周年企画

西日本スポーツ

 ソフトバンクの球団創設80周年企画で、南海OBの野村克也(82)、江本孟紀の両氏(70)が31日、ヤフオクドーム内の「王貞治ベースボールミュージアム」でトークショーを行った。

 約100人のファンを前に野村氏は「南海で育ててもらって、南海で捨てられた」と快調な滑り出し。1973年の日本シリーズで対戦した巨人・王の話題になると「彼はオールスターで20何打席ノーヒットって知ってる? その時の(全パの)キャッチャー、誰だか分かる?」と、ボヤキの勢いが増した。

 「僕が一生懸命、苦労してできた記録を彼(王)が簡単に破っちゃうから頭にきてね。オールスターで王はこうやって攻めるんだって模範を示してるのに全然(セの捕手が)参考にしない」と文句たらたら。「彼はインコースを打つのはヘタ。で、合気道打法だから真っすぐしか待ってない。ですからインコースへ、今でいうカットボールですよ、ちっちゃいスライダーをピュッと曲げたらファウルする」などと攻め方を披露し「簡単なんですよ」と言いたい放題だった。

 ソフトバンクを率いる工藤監督にも「80年の歴史でピッチャー出身の名監督っていないんだよ。どうしても現役時代の経験がベースになって監督やりますからね。一番、困んのは選手ですよ」と口撃。江本氏が「話題、変えたがいいよ。そういう趣旨じゃない」と司会に促すと「こいつも口が悪かったはずなのに、弱くなったね。こういう談話を言うようになったってことは、ユニホームに色気があるっちゅうことよ」と眉をひそめるなど、約40分、止まらなかった。

=2018/03/31 西日本スポーツ=

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ