侍J前監督・小久保氏、ソフトB柳田1号の舞台裏「筒香ばなし」明かす

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク-日本ハム(12日・ヤフオクドーム)

 現役時代ソフトバンクなどで活躍し、侍ジャパン前監督を務めた小久保裕紀氏(46)が、ソフトバンク柳田の今シーズン1号直前の会話を明かした。

 オープン戦でもノーアーチだった柳田が4回、開幕11戦目にして1号ソロ。小久保氏はNHKの解説者として球場を訪れており、放送中に試合前のやり取りを紹介した。「昨日の(DeNA)筒香のホームラン、見たか」と柳田にたずねたところ、「見ました」と返ってきたため「あれを打てよ」と励ましていたという。

 柳田とともに球界を代表する左の大砲・筒香は、前日11日の巨人戦で左越えの3号を放っていた。柳田がセンターから逆方向へ放った、会話をなぞるような当たり。ソフトバンクの背番号「9」の先輩の口調も、思わず熱を帯びていた。

=2018/04/12 西日本スポーツ=

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ