J3北九州、堅守で白星今季2勝目 ダヴィ選手初得点

西日本新聞

取材に応じるJ3北九州のダヴィ=2018年04月06日撮影 拡大

取材に応じるJ3北九州のダヴィ=2018年04月06日撮影

 ギラヴァンツ北九州は14日、アウェーでFC東京U-23と対戦し、1-0で勝利した。後半まで動きがなかった試合を、FWダヴィ選手(34)の加入後初ゴールで制し、3月21日以来、2勝目となる白星を手にした。

 FC東京U-23は23歳以下の選手が中心。ギラヴァンツは激しい攻撃にさらされ、DF陣の堅守で持ちこたえる。両チーム無得点の後半29分、DF川上竜選手(23)が直接狙ったフリーキックに、ゴール前にいたダヴィ選手が反応。頭で合わせて先制点をもぎとり、逃げ切った。試合最終盤には、昨季チーム得点王のFW池元友樹選手(33)が交代で今季初出場した。

 成績は2勝1分け3敗、勝ち点を7としたが、順位は15位(17チーム中)。浮上に向けて、落とせない試合が続く。

=2018/04/20付 西日本新聞朝刊=

PR

PR

注目のテーマ