井上GP制覇の地で再び輝く 九州勢も負けられない!! 九州王国再興へ

西日本スポーツ

 初日メインの11R特選に、井上昌己と北津留翼が登場する。井上は前回の西武園記念で準Vと結果を残しての参戦だ。2予では小川勇介を従えて打鐘から果敢に先行。小川には差されたが2着に粘り込んだ。

 若々しい戦いぶりに「いやぁ、めったにないですけれどね」と笑ったが、体調に問題ないからこそできた運行。直前の練習も「休みなくやりました。まだ少し疲れが残っているかもしれないけれど、レースまでに取れればいい状態で走れる」と準備には納得顔だ。

 たびたび苦しめられている腰痛についても「問題ない。大丈夫です」と、気にしていない。初日を終えれば次走まで1日休みがあることもプラス材料。さらには、平塚は2008年にGPを制した舞台。「あまりに昔のことで、もう忘れましたよ」と受け流したが、13年にも記念を制しており、得意バンクなのは間違いない。輪界の頂点を極めた地で、再び輝きを放つ。

 北津留 春先に調子が悪かったのは、花粉のせいだと思う。それしか考えられない。花粉はもうずいぶん落ち着いてきたので、調子が上がって来ると思う。

 松川高 熊本バンクでしっかり練習してきた。調子はいい。久しぶりのG1なんで頑張る(昨年10月親王杯以来)。

 大塚健 前回から時間があまりなかったが、調整はできた。

 中川誠 前回はF1で久しぶりに優勝できたし、しっかり準備もやってきた。荒井さんに任せられたので頑張る。

 荒井崇 井上君らと練習してきた。初日は誠一郎が頑張ってくれるでしょう。付いていくだけ。

 園田匠 前回の武雄記念では、直線の伸びが戻っていた。欲を言えばレース間隔が空き過ぎかな。でも原田君は最高の目標。

 山田英 調子がいいので、練習を大きく変えずにいつも通りにやった。武雄記念は番手戦ばかりだったが、自力で勝てるよう準備をしてきた。

=2018/05/01付 西日本スポーツ=

PR

競輪 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング