ソフトB柳田2安打2打点お立ち台も…レジェンドOBカズ山本氏から圧倒される

西日本スポーツ

お立ち台でポーズを決める投打のヒーロー。柳田(左)と武田 拡大

お立ち台でポーズを決める投打のヒーロー。柳田(左)と武田

 ◆ソフトバンク3-0オリックス(5日・ヤフオクドーム)

 ソフトバンク・柳田が2安打2打点で「こどもの日」のヒーローとなった。

 4回に先制の8号2ラン。6回に左翼フェンス直撃の二塁打を放った。完封勝利の武田とともに上がったお立ち台には、ソフトバンクの球団創設80周年企画「レジェンドデー」第2回のゲストで来場していたホークスOBのカズ山本氏が登場。

 「いやあ、すばらしいホームラン。おめでとうございます!」。いきなりハイテンションの口調で祝福されて「あざっす!」と返すと「インコースの高めっていうか、ちょっと入ってくる球をセンター方向に。すばらしいパワー、恐るべきパワー! イヤ、ほんとに」と激賞の嵐が待っていた。

 なおも、カズ山本氏は「で、次のね、インコース入ってきたやつをレフトに打ったでしょ。これはなかなかできないですねぇ本当に」と止まらない。「ナンバーワン! ナンバーワン、ほんと。おめでとうございます!」と褒めちぎられた柳田は恐縮しきりだった。

 ちなみに、カズ山本氏は試合前のトークショーや報道陣の取材に応じる中で、内川も「ナンバーワン」と評している。

 レジェンドOBの勢いに押され気味だった柳田ながら、最後はスタンドの子どもたちを「夢と希望を持って、プロ野球選手目指して頑張ってください」と励まし、ヒーローインタビューを締めくくった。

=2018/05/05 西日本スポーツ=

PR

PR

注目のテーマ