ソフトB中田“怪投”…11Kでも4発食らった 新加入の市川と初バッテリー

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク-オリックス(6日・ヤフオクドーム)

 ソフトバンク先発の中田の投球内容は“怪投”と形容されるべきものだった。

 日本ハムからトレード移籍して間もない市川との初バッテリー。不安定になりがちな初回、いきなりオリックス1番の吉田正から3者連続三振を奪った。

 だが、相手ベンチが早々とベンチ前で円陣を組んで対策してきた2回、先頭の小谷野に右翼席へ先制の1号を放り込まれた。

 同点の4回には安達に右翼ポール際への勝ち越しソロを許したものの、5回までで10奪三振。だが再び同点となった直後に6回、先頭のT-岡田、続くロメロに2者連続アーチを浴びた。

 続く中島から自己最多にあと1と迫る11個目の三振を奪い、2死から代打マレーロを歩かせて交代を命じられた。甘く入った球をことごとく仕留められて被本塁打4ながら、全てソロ。トータルで被安打5と、偏りがあった。

 降板後の中田は「今日は調子が良かったです。良かっただけに、4本のホームランは悔やまれます。もっと低目に集めるなり、コースを間違わないようにしないといけない」と悔やみきれない様子だった。

=2018/05/06 西日本スポーツ=

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ