ソフトB上林、右翼席上段へ3号 外野手ぼう然の当たり「積極的に」初球打ち

西日本スポーツ

 ◆西武-ソフトバンク(9日・メットライフドーム)

 ソフトバンク・上林が、敵地で特大の今季3号アーチを放った。

 1点リードのまま迎えた6回。先頭で西武・十亀の甘く入った初球スライダーを力みのないスイングで捉えた。外野手もすぐに追うのをやめる当たりは、ソフトバンクファンの待つ右翼席の上段へ。

 「先頭打者でしたが、積極的にストライクを打ちにいきました」と振り返った。今季は1号から2号までの間が18試合開いたが、2号から3号の間は5試合だった。

=2018/05/09 西日本スポーツ=

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ