ソフトB内川ついに決めた!2000安打 史上51人目、右打者3位のスピード到達

西日本スポーツ

8回1死一塁、中前打を放ち、通算2000安打を達成した内川 拡大

8回1死一塁、中前打を放ち、通算2000安打を達成した内川

 ◆西武―ソフトバンク(9日・メットライフドーム)

 ソフトバンク・内川聖一内野手(35)が8回に西武・武隈から中前打を放ち、通算2000安打を達成した。プロ野球51人目。初出場から1800試合目での到達は歴代9位で、右打者ではラミレス、長嶋茂雄に次ぐ3位のスピードとなった。

 2日の敵地ロッテ戦であと2本とした後、2試合無安打。5日の本拠地オリックス戦で王手をかけた後、2試合無安打を挟んだ。この試合は無安打で迎えた第4打席に、15打席ぶりの快音が待っていた。

 ファンの歓声を浴びながら一塁に到達すると破顔一笑。記念ボードを手に場内に頭を下げると、花束を手にした王会長と抱き合った。

 大分工高からドラフト1位で2001年に横浜(現DeNA)入り。08年に続き、ソフトバンクへ移籍した11年に史上2人目のセ・パ両リーグでの首位打者に輝いた。

 初安打は横浜時代の02年4月24日、中日戦でギャラードから。

=2018/05/09 西日本スポーツ=