ソフトB内川「やっと、やっと…しんどかった」2000安打 リーチから15打席

西日本スポーツ

 ◆西武-ソフトバンク(9日・メットライフドーム)

 史上51人目の通算2000安打を達成したソフトバンク・内川が、球団を通じて談話を発表した。

 王手をかけた後、14打席ノーヒット。8回、西武・武隈のチェンジアップを捉えて打球が中前ではずみ、ようやく重圧から解放された。

 心からの笑みをこぼした内川は「やっと、やっと打てた、しんどかったな…というのが今の素直な思いです。まずは、いつも支えてくれる家族、チームのみんな、ファンの皆さんに『本当にお待たせしました、ありがとう』と言いたいですね」と感謝。「試合中なのにお祝いいただいた、王会長と(西武)松井稼頭央さんにも感謝です。驚きました」と、花束を贈呈してくれた先輩たちに頭を下げた。

 「この記録も元々は通過点とすら思っていなかったんですが、これまで達成された方々の名前や、周囲の盛り上がりを見るにつれ、やっぱりすごい記録なんだなと意識するようになりました」とあらためて実感。

 「達成までの生みの苦しみも十分味わいました…いろいろありましたね。すんなりあと一本が打てないあたり、2000本打ってきたとはいえ、僕もまだまだだということです」と振り返りつつ「早くチームのために2001本目を打ちたいです」と視線を先に向けていた。

=2018/05/09 西日本スポーツ=

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ