西武特急ホーム12連勝でストップ 内川に主役奪われ…まさかの2戦連続無得点

西日本スポーツ

 ◆西武0-3ソフトバンク(9日・メットライフドーム)

 今季開幕から続いたメットライフドームでの連勝は「12」で止まった。難産の末に通算2000安打を達成した内川に本拠地の主役を奪われ、辻監督は「あいつ(内川)が打って、ウチが勝てばいちばんよかったけど…」と複雑な表情だった。

 強力打線が沈黙し、2試合連続の零封負け。8日の千賀に続き、石川を攻略できなかった。4月26日の前回対戦でも白星を献上した右腕をうちあぐね、3回まで1人の走者も出せなかった。7回1死満塁の絶好機は栗山が一ゴロ併殺に倒れた。

 優勝を争うライバルにホームで2連敗を喫し、今季の対戦成績は3勝3敗の五分。昨季王者との差は4・5ゲームに縮まった。辻監督は「力のあるチームだから。がっぷり四つで組んでいかないと」と巻き返しを強調した。 (松田達也)

=2018/05/10付 西日本スポーツ=

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング