ソフトB達川ヘッドがベンチから大声 日ハム杉谷の死球アピールに反応

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク-日本ハム(12日・ヤフオクドーム)

 ソフトバンクの達川ヘッドコーチが、日本ハム杉谷の死球アピールに強く反応した。

 2点ビハインドの3回2死、バンデンハークのカーブは引っ掛かり気味に左打席の杉谷の足元へ。杉谷は左つま先を指さして死球を猛アピールしたが、球審は毅然とボールを宣告した。

 ここでソフトバンクベンチの達川ヘッドが、強い口調でグラウンドに向かって声を発する姿が見られた。自身も広島での現役時代の、死球をアピールする際の“熱演”で知られた。

 杉谷へのけん制か、はたまた…ともかく現在は2018年。日本ハム栗山監督がリクエストによるリプレー検証を要求し、判定が覆って死球が認められた。

 日本ハムファンの歓声の中、杉谷がダッシュで一塁に向かった後、バンデンハークは清水を空振り三振に仕留めた。

=2018/05/12 西日本スポーツ=

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ