西武・秋山&源田の重盗で先制点 “足攻”で藤浪揺さぶる

西日本スポーツ

 ◆西武10-5阪神(3日・メットライフドーム)

 西武が隙のない“足攻”で先発の藤浪を揺さぶった。初回1死一、三塁から一走の源田が二盗。呼応するように三走の秋山が本塁に突入する重盗を決めて先取点をもぎ取った。2死後にはメヒアの左中間への適時二塁打で加点。秋山は「サインでなく自分の判断。リードも大きく取れていたのでいけると思った」。流れを引き寄せた価値ある走塁に胸を張った。

=2018/06/04付 西日本スポーツ=

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング