西武・森、阪神・藤浪、甲子園連覇バッテリー初対決は四球

西日本スポーツ

 ◆西武10-5阪神(3日・メットライフドーム)

 2012年の甲子園春夏連覇バッテリーによるガチ対決が公式戦では初めて実現した。藤浪を攻め立てた6回1死一、二塁。代打に森がアナウンスされると、スタンドから大歓声が湧き上がった。大阪桐蔭高の1学年先輩が投げ込む152キロの真っすぐに思わずのけぞる場面もあり、最後は四球を選んだ。「普段より声援が大きく聞こえた。甘い球は来ないと思っていた。楽しみより打ちたい気持ちが強かった」と振り返った。

=2018/06/04付 西日本スポーツ=

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング