男子禁制「タカガール」席が神リニューアル ただし注意点あり/ヤフオクD観戦ガイド

西日本スポーツ

 2018年シーズン現在、ソフトバンクの本拠地ヤフオクドームには30もの席種がある。どの席で見るべきか? チケットを確保するには? 西日本スポーツ読者の観戦の一助にと、球団の協力を得つつ、忖度しないで座席をレビューする。今回は女性限定(小学生以下の男子は同伴OK)の「タカガールシート」に座ってみた…もちろん今回は女性スタッフが担当。

 ※各項目は5点満点

 快適さ ★★★★★

 昨年できた時は、普通の座席にピンクのクッションが掛けられた仕様だったが、どうにも売れ行きが伸び悩んだという。そこで今年は大幅に見直され、全席ソファシートになって見違えた。2人掛け、3人掛けの2種類。クッションはしっかり目。手荷物用のかごが人数分あり、バッグを地べたに置かずに済む。シートピッチは一般の席と同じで広くない…座面が長い分、むしろ前の座席との隙間は狭いが、全席が通路に接しているといっていいレイアウトで行き来はしやすい。ピンク色で極めて目立つので初観戦でも迷わない。入場ゲートの両サイドに女子トイレがある。ゲート近隣で売るフードメニューも女子受けを意識しているとか。

 観戦体験 ★★★★★

 月替わりのグッズ特典、5回終了後のマスコットとの記念撮影タイム、化粧品の試供品プレゼント、ゲート前の通路にチークを試せるドレッサー…と、豊富な仕掛けがメリットなようでいて、単に試合が見やすい良席だ。場所がバックネット裏「〈みずほ〉プレミアムシート」のすぐ隣。スタンド上段の位置が幸いしてグラウンドが広く見渡せつつ、キャッチャーの捕球音も聞こえる。応援スタイルはワイワイはしていないが積極的。売り子さんも普通に来てくれる。

 打球の危険度 ★★★★★

 座席のコンセプトは「ビギナーに優しい」とのことだが、唯一、反するのがこの点。右打者のファウルボールがかなり飛んでくる。フライに限らずライナー性も少なくない。昨季の統計では球場内屈指の着弾スポットで、ここを上回るのは小差で三塁側の同じエリアしかない。自撮り・インスタライブを楽しむファンが多いが、プレー中は正直お勧めできない。打席まで距離はあるので、試合さえ見ていれば身構える時間はある。

 価格 ★★

 変動制で2人掛け7000~1万2000円、3人掛け1万500~1万8000円。ただ、1席の値段なので、割り勘すると1人3500~6000円ということだ。隣のエリアのS指定席は、場所でいえばグレードが下になるが、そこより安い。

 レア度 ★★★★

 2人掛けが39席。3人掛けが12席(もう1席あるのは球団のキャラクター「ふうさん」がデザインされた記念撮影用で売られていない)。魅力的な席だが1試合に座れるのは114人で競争率が高く、発売即完売となる。チケットの一般発売は「試合が開催される月の2カ月前の第4日曜日の午前10時」。カレンダーで確認しておきたい。

 総評:コスパは球場内最高と言っても過言ではない。打球が飛んでくる頻度を差し引いても、ビギナー、リピーター問わず魅力のある席に映る。

 ※読者の方のヤフオクドームでの試合観戦中の事故、また試合観戦に関係するその他のトラブルについて、西日本新聞社では一切の責任を負いかねます。

=2018/06/08 西日本スポーツ=

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ