宮崎産経大、初回ミスで失点 エース杉尾は涙 全日本大学野球選手権・第4日

西日本スポーツ

 宮崎産経大のエース杉尾は、自身のミスを悔やんだ。初回、先頭打者に二塁打を浴びると、続く打者の送りバントを一塁に悪送球。先制点を献上した。8回完投で被安打7、3失点の力投も及ばず「初回の1点が大きかった。先に流れを持ってくることができなかった」と涙を流した。

 宮崎産経大は初出場ながら、東京ドームで創価大、福井工大を撃破。神宮はチームにとって初めてで、杉尾にとっては中学の硬式での全国大会以来という。悔しい結果にも「楽しかった。(2勝は)出来過ぎじゃないですかね」。注目度が高まる秋以降に向けて「九産大に借りを返し(全国の)ベスト4、優勝を狙いたい」と誓った。

=2018/06/15付 西日本スポーツ=

PR

大学・社会人野球 アクセスランキング

1日
2022/1/17 17:00 更新
1週間
2022/1/17 17:00 更新

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング