ソフトB川瀬、今宮復帰後は二塁でも面白い/西村龍次氏の目

西日本スポーツ

西日本スポーツ評論家の西村龍次氏 拡大

西日本スポーツ評論家の西村龍次氏

 ◆ソフトバンク6-2広島(16日・ヤフオクドーム)

 逆転した7回の攻撃は見事だった。投手は2番手の今村。前の回に1点を失ったとはいえ好投していたジョンソンを相手ベンチが代えたところを、しっかり攻略した。4点を奪ったこの回、打線に勢いをつけたのは間違いなくセーフティーバントを決めた川瀬だ。

 1点差の1死一塁、打者は実績のない若手で普通に考えれば犠打の場面。分かっているはずの広島の守備も無警戒だったが、それ以上に川瀬が初球を完璧に転がした。三塁手の処理が遅かったわけではなく、一塁への送球がそれなくてもセーフになったはずだ。

 このプレーをサインではなく自分の判断でやってのけたという。犠打で2死二塁になるのと1死一、二塁では相手に与えるプレッシャーは全く違う。お立ち台には野手で内川、長谷川勇が上がったが、個人的には川瀬も上げたいと思えるほどの大きなプレーだった。

 5回の打席はボール球を振って三振に倒れた。これは仕方ないとして、その直前に同じような際どい球を我慢して見送った。既に守備ではいいものを見せているが打撃にも光るものがある。今宮が戻ってきたら二塁で使い続けてみるのも面白いかもしれない。 (西日本スポーツ評論家)

=2018/06/17付 西日本スポーツ=

PR

PR

注目のテーマ