“がばい旋風”再発生だ ボート王国九州山口!

西日本スポーツ

 昨年、ボート界に吹き荒れたのが“がばい旋風”。峰竜太と深川真二がSG初V。佐賀勢のSG戦線での躍進が目立った。グラチャンは、前年度のSGで活躍した選手が出場する。それなら、この大会で旋風が再発生しても不思議はない。

 前検で好感触を口にしていた峰は、初日を終えトーンダウン。2日目も威勢のいい言葉はなかったが、3Rは4枠で1着、8R6枠から2着と巧腕を発揮し得点率2位。「前検の出足がまだ来ていない。引き続きペラを調整します」。パワーが戻ればどれだけ強いのか、興味が湧く。

 深川は2日目、2着2本で同5位タイ。9Rは1枠だったが「足は上向きで、手前に持ってこられた。前付けしても問題ない」。外枠を残すが、コース奪取が持ち味。視界は良好だ。

 佐賀支部“第3の男”に成長しつつあるのが山田康二。昨秋のチャレンジカップでSG初優出。「SGに来ても、もう気後れしなくなってきた」と頼もしい。2日目も4カドから、逃げる平田忠則を追いまくって2着。「足はしっかりしているが、まだ合っていない。晴れていた初日前半はすごく良かった。晴れてくれないかな」。予報では、3日目は天候回復。天に恵まれれば、先輩2人に続くことも夢ではない。

 得点率トップは地元の寺田祥。10Rを5コースまくり差しで勝ち、初日からオール2連対だ。「勢いが付いたので、止めないようにしたい」。このまま地元Vまで突っ走るつもりだ。

=2018/06/21付 西日本スポーツ=

PR

ボートレース アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング