左手骨折のソフトBグラシアル、打撃&守備練習再開に「良くなっている」

西日本スポーツ

 左手薬指の骨折から復帰を目指すグラシアルが、筑後のファーム施設でトス打撃やノック守備をこなした。5月24日の西武戦で一塁に帰塁する際に負傷。全治2カ月と診断され、出場選手登録を抹消された。当初のリハビリはウエートトレーニングが中心だったが、22日からバットやグラブを使った練習を始めた。「(トスやノックは)100パーセントの力ではないけど、患部の状態は良くなっている」と笑顔を見せた。

=2018/06/24付 西日本スポーツ=

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ