ソフトB二保、プロ10年目で初セーブ 16年右肘手術、地道なリハビリ経て1軍復帰

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク5-4オリックス(24日・京セラドーム大阪)

 延長12回の死闘を締めくくったのは7番手の右腕二保だ。「どんな形でも三つのアウトを取ることだけを考えていた」と三者凡退に封じプロ10年目で初のセーブをマークした。2016年4月に右肘手術。地道なリハビリを経て、3年ぶりに1軍に戻ってきて22試合目のマウンドで1点リードを守り抜いた。「みんなが頑張ってくれて、たまたま僕にセーブがついただけ」と謙遜する右腕だが、その存在感は日増しに大きくなっているようだ。

=2018/06/25付 西日本スポーツ=

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ