九産大から岩城と児玉 大学日本代表に選出

西日本スポーツ

主砲として注目される九産大・岩城 拡大

主砲として注目される九産大・岩城

九産大・児玉は俊足を生かした起用も

 17日に閉幕した全日本大学選手権で初めて4強入りした九産大からは、日米大学選手権とハーレム国際大会を戦う大学日本代表に2人が選出された。主砲の岩城駿也内野手(4年・東海大五)には持ち前の長打力に期待がかかる。児玉亮涼(りょうすけ)内野手(2年・文徳)は、機動力を重視する生田勉監督(亜大監督。大分・柳ケ浦高出身)の下、自慢の俊足で貢献を誓う。大学選手権準決勝で延長タイブレークの末に国際武道大に惜敗した悔しさを、世界の舞台で晴らす。

=2018/06/28付 西日本スポーツ=

PR

アクセスランキング

PR

注目のテーマ