仲谷と羽野が“予選ツートップ” ウエスタンヤング 【下関】

西日本スポーツ

 下関ボートのG3「第5回ウエスタンヤング」は1日、準優進出を懸けた予選ラストに突入する。3日間を終えて首位は仲谷颯仁。2位はオール3連対の羽野直也で、福岡の二枚看板が上位を独占しているが、2日目から3連勝の仲谷が羽野以下を大きく引き離しており、よほどの大敗でもない限りトップ当選を果たしそう。羽野も予選最終走が絶好枠だけに、残された準優1枠は実質あと一つ。ただ、この狭き門は12位の地元渡辺翼までチャンスがあり激戦ムード。準優の最終ボーダーを6・00と想定すると当確は6人。実力者の山田祐也や西野雄貴、大上卓人がボーダー近辺の勝負駆けで、要注目だ。

=2018/07/01付 西日本スポーツ=

PR

ボートレース アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング