東筑紫学園、好発進 シード校の注目左腕・小堤成長の1勝/北福岡

西日本スポーツ

 九州各県で球音が広がり、開幕した北福岡大会では好左腕の小堤隆成(3年)を擁するシードの東筑紫学園が八幡工を5-1で破った。南福岡大会は60年前の夏に甲子園の出場経験がある八女が福岡農に5-1で勝利。右横手の今村隆聖(2年)が7回1失点で初戦突破に導いた。熊本大会は菊池が鹿本に4-3でサヨナラ勝ち。八代も勝ち進んだ。熱戦が始まった大分大会では大分工が大分上野丘との開幕試合を制した。長崎大会は佐世保実や長崎工などが勝ち進み、沖縄大会では昨夏代表の興南が八重山に3-1で競り勝った。宮崎大会、鹿児島大会は雨天順延となった。

 晴れ間はのぞいても空気が重かった。東筑紫学園の小堤はもがいていた。「緊張した。(2年生だった昨夏とは)全く違った」。シード校の注目横手左腕。八幡工はスタメンに右打者を8人並べ、ステップ幅を狭めて直球を狙ってきた。2回に長打を足場に先制され、逆転に成功した直後の3回も、死球絡みで1死満塁のピンチを背負った。

 踏ん張ったのはここからだ。3球三振の後、フルカウントから直球で空振り三振に切って取り、ほえた。「以前なら…春の九州大会も、ああいう場面で踏ん張れなかった」と古賀敬悟監督は振り返る。3-10で大敗した伊万里(佐賀)との1回戦で、小堤は3回に大崩れ。チームは一挙8失点を挽回できなかった。

 以来、投球練習で監督から口酸っぱく言われ続けた。下半身で粘り、体の開きを我慢すること。その中で投げ込んだ成果の一端は、ばらつきが影を潜めて低めに集まったこの日の投球に表れた。「変化球も含めてインコースにいけた」。追加点を阻んで主導権を握り、6回で8三振を奪った。

 記録的な大雨の影響で大会の開幕が1日遅れた。東筑紫学園の日程に変更はなかったが、小堤は登板2日前の投球練習が休校&練習中止で1日前にずれた。「それは大丈夫」と首を振る。実際、崖崩れの危険から親類宅に一時避難を強いられているチームメートもいる。「県内で災害が起きて…こうして野球をやれているのがありがたい」

 会場の北九州市民球場は浸水による不具合で、スコアボードに校名が表示できなかった。落ち着かない数日を経て、大会は進んでいく。「全然。力の30パーセントも出なかった」と小堤。どんな強豪でも難しさがある初戦を乗り切った。2番手で3回零封した両輪の右腕、池田優希(3年)とともに、ここから頂上を目指す。 (森 淳)

◆小堤隆成(こづつみ・りゅうせい) 2000年4月18日生まれの18歳。北九州市出身。八幡西区の星ケ丘小1年から「木屋瀬バンブーズ」で軟式野球を始め、6年時に第19回西日本学童軟式野球大会8強。木屋瀬中では硬式の「直方ボーイズ」に所属し、投手と外野手。3年時に出場したホークスカップでは初戦敗退。東筑紫学園高では1年秋からベンチ入り。2年生エースだった昨夏の福岡大会は3回戦で九州国際大付高に5-7の逆転負け。その後の福岡県大会では昨秋が8強、今春が3位。175センチ、72キロ。左投げ左打ち。


=2018/07/09付 西日本スポーツ=

PR

高校野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ