城北が専大玉名封じる

西日本新聞

 第100回全国高校野球選手権熊本大会(県高野連など主催)は10日、県営八代球場(八代市)と山鹿市民球場(山鹿市)で1回戦5試合があった。4試合がコールドゲームとなり、芦北、鎮西、熊本北、熊本国府が2回戦に勝ち上がった。鎮西・仲と熊本北・浜本の満塁本塁打も飛び出した。1回戦屈指の好カードとなった城北-専大玉名は、序盤に先制したシード校・城北が八回にも加点。専大玉名の反撃を封じた。

=2018/07/11付 西日本新聞朝刊=

PR

高校野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング